スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 つらい思いをしている被災者の皆様が、早く元の生活に戻れますように…。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
男旅 Ⅳ  ~奥出雲神話の旅~ 最終話
- 2012/10/22(Mon) -
「紺屋」で玉造温泉の神の湯を堪能した中年二人は、

近くの「出雲玉作史跡公園」へ。


20x.jpg

おやおや、シュウヘイ君。渡辺篤史ばりに探訪してますね。


…ここは、こんなもんです。



さてお次は、最終目的地!「須佐神社」

27x.jpg

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんが

日本一のパワースポットとして、ココを紹介してました。


スサノオノミコトの御霊を鎮める神社の奥の

ひときわ大きな樹齢1300年以上にもなる御神木

21x.jpg

タダならぬ気を感じます。

まるでスサノオノミコトの魂が宿っているかのようです。


ちなみに、ヤマタノオロチを倒したことで有名なスサノオノミコト。


神楽神楽アップ



彼のお姉さんは、天の岩戸で有名な、太陽の神こと天照大御神(アマテラスオオミカミ)。

天上界(高天原)での乱暴・粗暴なスサノオの振る舞いに、

拗ねてしまって岩戸に隠れ、日本中が闇となった。

そのためスサノオは天上界を追放され下界へ。

下りた場所がこのあたりだったそうです。

だから島根は神話の国なんですね~。

さらにうんちくすると、彼の息子とも孫ともいわれる 大国主(オオクニヌシ)は、


39x(1).jpg

因幡で白ウサギ(ココでいう白は、色の「白」ではなく、「はだか」っていう意味らしい)を救ったのち、

日本国の国づくりをすすめ、天照大御神の子孫に譲り、

出雲大社を建ててもらってそこで隠居。

大黒天となって、七福神のひとりとなりました。

ちなみに、えびす様は大黒様の息子。この二人、親子だったんですね!



さて、大分脱線してしまいましたが…

何だかパッとしない中年2人が、神頼み的な下心満載で、

ありがたい御神木の写真を、バシャバシャと撮っていると、


22x.jpg


突然、御神木の背後から、神々しき光が!!


28x.jpg

おぉ!シュウヘイ君!! まさか、スサノオノミコトに憑依されたんじゃぁ??

…しかし、なんでカタコト?



29x.jpg

もしかして、いいことあるかもしれないんで、

恥ずかしながら、僕も記念に一枚。はにかんでますなぁ~。 


さて、パワーも頂いたし、風呂入って帰るか!



24x.jpg

須佐神社のそばの温泉「ゆかり館」で3湯目

先客がおられましたので、写真は無し!




23x.jpg

シメは「出雲そば」 疲れた体を温泉で癒して、そばをすする。 格別ですね。

しかし、てんぷらで少々もたれた。…内臓は確実に年をとっている。



というわけで、中年男の二人旅はこれにて終了。

日帰りの為、計画変更も多々あったが、なかなか充実した旅だったな。

男二人で旅をするっていうと、誰もが「あやし~」なんていうが、

これがけっこう楽しい。

次はどこへいこうか?









スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 つらい思いをしている被災者の皆様が、早く元の生活に戻れますように…。
この記事のURL | 男旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<手術 | メイン | 男旅 Ⅳ  ~奥出雲神話の旅~ 3>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://higehigejovio.blog6.fc2.com/tb.php/179-f17f987e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。